SUPを存分に楽しめるおすすめのスポットを紹介しましょう

Robyn Dawson  |  19th July 2019

SUP(スタンドアップパドル)は、高いテクニックを必要とせず誰でも楽しめる水上スポーツとして人気が集まっています。SUPができる場所は湖や海がメインになります。全国各地にSUPができる場所はありますが、まず湖についていくつか選んで紹介しましょう。SUPスポットとしておすすめの湖は、富士5湖のひとつの本栖湖です。山梨県にある本栖湖は都心からもアクセスが良く、休日の日帰りでもゆっくり楽しむことができます。

“本栖湖は緑豊かな景色が素晴らしく、天気が良ければ富士山も見える景観を楽しみながらSUPを練習することが可能です。”

本栖湖の湖畔にはキャンプ場があるほか無料駐車場で車中泊もできて、泊りがけでSUPを楽しみに来る人も少なくありません。SUP体験のツアーもあり、SUPやウェットスーツも貸してくれます。次にお勧めの湖は群馬の四万湖です。四万湖は透明度の高い水を湛えていることで有名で、湖底が見えるほど透き通った湖水の上を進む非日常的体験ができます。

“大抵どのスポットでもガイドの付いた体験ツアーがあるので、最初は安全指導を受けて基本的な技術を学ぶと良いでしょう。”

湖面に張り出した樹木をかいくぐるようにして進む場所もあって、湖上にありながら森林浴も楽しめます。また、四万湖は四方を山に囲まれており、波が立ちにくく静かな湖面で落ち着いて練習できるため、初心者にもおすすめです。透明度の高い湖と言えば北海道の支笏湖が有名ですが、支笏湖でもSUPは盛んです。夏でもひんやりとした冷水なのでウェットスーツは欠かせませんが、北海道らしい雄大な景色を堪能しながらSUPのパドルを操る楽しみに魅せられ、支笏湖を訪れる人たちが後を絶ちません。

海でも比較的波が穏やかでSUPを楽しめるおすすめの場所があります。静岡の伊豆半島にある九十浜は、海水の透明度も高く波も静かでSUPにも向いているビーチです。そばには須崎御用邸もあって、保養地として公認された風光明媚なエリアと言えるでしょう。遠方に浮かぶ伊豆諸島を眺めながらSUPを楽しむことができます。静かな内湾でゆっくり水上散歩するだけでも十分楽しめますが、海岸沿いに漕いで爪木崎まで足を延ばしてみても良いかもしれません。

SUPに慣れてきて自分でもSUPを買って練習したいと思うようになったら、購入するSUPの種類を決めます。こうしたSUPに最高のスポットでSUPを存分に楽しむためには、自分に合ったSUPを選ぶことが重要です。大きなSUPを抱えて湖や海まで出かけるのは大変だと思われがちですが、空気を抜いて折りたためるSUPインフレータブルなら、そんな心配も要りません。SUPはSUPショップのほか、通販でも購入できます。

最新情報!