融合技術は未来のテクノロジー!

違いは細部にあります。ドロップスティッチの細部の細部にまで着眼し、ひとつ上のボードを製作するため、精錬された工程を開発することに成功しました。

まずは内側糸部分を溶解ポリマーでコーティングする工程を省きました。ただ外側/ダブルレイヤーに接着する為のベースとして機能していたものなので、シングルレイヤーのボードを作る気がない私たちにとってこれは余分なプロセスでした。またそれはほとんど制御が効かないため、ミスが出る工程でもありました。代わりに接着と密着層を作るために特別に配合された接着剤を何層にも重ね、糸部分をコーティングしています。そして機械で高密度構造ポリマー層をこの接着層に付けます。これにより従来のダブルレイヤーに伴う人的要因を完全に取り除きました。

この全工程は、このプロセスの為に開発され入念に調整された機械によって、原料の段階で行われます。その結果、以前のダブルレイヤー製造時の耐久性と強さを持ち合わせながら、一貫した高いレベルの美しい仕上がりが可能になりました。またこの工程は原料段階でなされるため、ボードに空気が入る時に物質に圧が加わることで、とても硬く強度の高いボードが作れるようになりました。

単純なように聞こえますが、最高のシングルモルトウィスキーや細かく調節されたエンジンのように、我々が性能と品質と重さの究極の組み合わせを作り出すまで、構成要素や方法は何度も何度も調整される必要がありました。

明らかな利点とは?

  • 美しい仕上がり-全てのRed Paddle Co. の2016年ボードはいまや業界一の美しい仕上がりを持っています。シワもシミもありません。ボードの見かけはよりクリーンでスムーズ、そして触れればより良い手触りになりました。
  • より軽量に-全ての2016 Red Paddle Co.の2016年ボードは以前のバージョンのものより最大2キロ軽量化しました。しかしここが大変重要ですが、軽すぎはしません。もしボードが超軽量であれば、水上で風や流れにより影響を受けやすくなります。MSLボードは安心の軽量感を与えてくれます。
  • 低い圧力でより硬く-ねじり剛性効果により、全てのRed Paddle Co.の2016年ボードは低い空気圧で、さらに硬くなりました。我々は16から22psiをお勧めしています。空気入れにかかる時間を減らしパドリングの時間を増やしました。
  • Red – Tec Air MSL Chart - J

Learn2Paddle Logo

Visit Learn2paddleboard.com for a comprehensive guide to the very best schools and centres around the world as well as in depth tips and advice for getting started in paddle boarding.

Visit website